貸切バス利用の注意点

大人数で旅行する時に、電車やタクシーで移動すると交通費がかさむし、誰かはぐれると困ってしまいます。そんな時こそ「貸切バス」がオススメです。貸切バスを利用すれば、その車内を自由に快適に利用でき、旅行の移動時間も楽しく過ごす事ができます。人数が多ければ多いほど割引料金が適用されますから、交通費も抑える事が可能です。

そんな便利な貸切バスですが、自由で快適な車内だからといって、迷惑な行為はしないようにしましょう。たった一人の身勝手な行動で、せっかくの楽しい素敵な旅行の雰囲気は、台無しになってしまいます。幹事さんが楽しく素敵な旅行を円滑に進めるためには、旅行日程のスケジュール管理が重要になります。幹事さんは貸切バスの運転手さんと協力し、出来る限り多くの場所で、出来る限り楽しい時間を長く過ごせるように、スケジュールを組んでいるのです。そのスケジュールを乱してしまうのが、遅刻です。参加者の誰か一人が遅刻するだけで、その後の旅行日程は大きく崩れます。旅行日程が崩れると、幹事さんは頭を悩ませますし、運転手さんはどうバスを走らせれば日程を回復できるか悩む事になります。何より参加者全員に迷惑がかかりますから、遅刻は厳禁です。

貸切バスは、あくまでバス会社に「借りている」バスです。くれぐれも「買った」と勘違いしないようにしてください。何が違うかと言えば、「借りている」のですから、バス車内は完全な私物ではありません。旅行者のやりたい事全てが許されるわけではないのです。バスの中を散らかしてしまうと、誰かが物を失くしたり、また旅行終了後に忘れ物をする恐れがあります。その時に迷惑を被るのは身内ではなくバス会社の方や次のバスの利用者さん達ですから、バスの中を好き放題に散らかさないようにしましょう。

身内しかいない貸切バスの車内で、楽しく素敵な時間を過ごしていると、ついついお酒も進んでしまいます。しかしお酒の飲み過ぎにはくれぐれも注意です。何せ貸切バスは、道路を走っています。道路を走っていますから、トイレがある場所にすぐに立ち寄れるかどうかは分かりません。現在位置や道路の交通事情次第では、次のトイレ休憩まで1時間弱、という事態も十分にあり得ます。急にトイレに行きたくなってもそこにトイレがあるとは限りません。お酒の飲み過ぎには注意しましょう。

どんな旅行であっても、必ずマナーは守りたいものです。楽しく素敵な旅行を楽しめるかどうかは、一人一人のマナーに対する姿勢に左右されます。ルールは必ず守りましょう。ルールを破る、という事は必ず他人の迷惑になります。他人に迷惑をかけてしまったら、楽しく素敵な旅行の雰囲気は台無しになります。必ずルールは守りましょう。また、安全にも意識を向けましょう。バス車内ではシートベルトを着用し、急ブレーキに備えましょう。バス利用者がルールを守って楽しく、安全に過ごして初めて、バスの運転手さんも皆さんの安全を保障する事ができるのです。