貸切バスは利用マナーを守ること

大人数での団体旅行の移動手段には、貸切バスがオススメです。バスの車内を自由に快適に使う事ができますし、旅行に関係ない人に無用な遠慮をする必要も無いからです。ただそんな状態で移動していると、ついつい気分も楽しくなり過ぎてしまいます。お酒も進みがちになりますが、ほどほどにしておきましょう。バスがトイレのある場所に立ち寄れるかどうかは、現在位置や交通事情によります。お酒を飲み過ぎて急にトイレに行きたくなっても、その時にトイレがある場所にバスが着くかは、分からないのです。貸切バスは可能な限り、旅行者の要望に応えてくれます。旅行者全員にとって都合の良い集合場所があれば、そこにバスを配置してもらう事も可能なのです。

そうやってバス会社は可能な限り要望に応えてくれますが、だからこそ、利用者もバス会社に迷惑をかけないようにしましょう。特に遅刻は厳禁です。出発予定時刻にバスが出発できないと、その後の旅行日程や運転スケジュールに大きく影響します。旅行の幹事さんも困りますし、何より運転手さんも困ります。大勢の人に迷惑がかかりますから、遅刻は絶対にしてはいけません。

貸切バスを利用する時、利用者は常にある事を意識しなければなりません。それは、このバスはあくまで「借りている」のであって、「買った」わけではない、という事です。「借りている」のですから、バスは完全な私物ではありません。車内をもし汚してしまったら、それはバス会社、または次のバスの利用者にとって大きな迷惑になります。バス車内を自由に快適に利用する際には、常に「借りている」という意識を持ちましょう。その意識さえあれば、車内を汚す事はそうそう無いはずです。

貸切バスの車内の中で、唯一運転手さんだけは、バス会社の人間です。身内ではない人に興味を持ったり、あれこれ訊きたくなる人もいるでしょうが、それは慎みましょう。運転手さんの仕事は、利用者を安全に、次の目的地に送り届ける事です。利用者が運転中に運転手さんに話しかけたりしたら、運転手さんは安全運転に集中できなくなります。運転手さんに話しかけるのは、どうしても必要な時で、かつバスが止まっている時にしましょう。それ以外のタイミングで運転手さんに話しかける行為は、NGです。

貸切バスを利用する最大のメリットは、「旅行の移動時間を自由に快適に過ごす事ができる」ところにあります。旅行の移動時間すら快適に過ごせたなら、その旅行はきっと楽しく素敵な旅行になるでしょう。その雰囲気を壊さないためにも、とにかく周りに迷惑をかけないことを心がけましょう。皆がその意識を持たないと、たった一人の身勝手な行動で楽しく素敵な旅行が台無しになります。貸切バスの車内は、とても自由で快適です。それを失わないために、一人一人のマナー遵守が大切になるのです。